愛機の充電口・カメラ・ボタンに不具合が見られた際富山でiPhone修理を受け付け

お問い合わせはこちら

富山のiPhone修理・iLABOの評判

iPhoneのハードウェア部分の破損や不具合を修理

富山のiPhone修理・iLABOの評判

充電口がライトニングケーブルを認識しなくなったり、画面は無事なもののカメラレンズのみ割れてしまったり、ホーム・スリープボタンが押してもうんともすんとも言わなくなってしまったり、このようなiPhoneが起こることも時折あるのではないでしょうか。
中でも充電口やスリープボタンの故障は、iPhoneが操作できなくなるため死活問題です。その際に、迅速にiPhone修理を行い、問題なく日常生活や仕事でご活用いただけるよう、サポートいたします。


充電やイヤホンの使用に支障が出る際も充電口修理で迅速解決

万が一充電口が利かなくなってしまった場合、多様な支障が懸念されます。「充電器は反応しているものの、何時間経ってもiPhoneの画面が点灯しない」「充電器が途中までしか刺さらない」「充電口が故障したためバックアップを取ってから修理に出そうと思ったものの、ライトニングケーブルを認識せずバックアップできない」など、このような事態もございます。しかしながら、バックアップをしていただかなくとも、データはそのままで修理を完了させるため、どうかご安心ください。
数ある充電口トラブルの中でも最も支障が大きいのが、イヤホンジャックが充電口に刺さったまま折れてしまったケースです。そのままではiPhoneがイヤホンを認識してしまうため、スピーカーから音声が出なくなって電話に出られない、メールに気づかない、といった致命的な支障が出てしまうのです。その際の当日対応も、可能な限り受け付けてまいります。

iPhone落下の際カメラレンズのみ割れてしまった際に

「うっかりiPhoneが手から滑って、幸い画面割れはなかったものの、カメラレンズのみひびが入っていた」といったことも、時折発生します。カメラそのものは最悪なくても支障がないケースが多々あるものの、写真が趣味の方や、仕事で写真を撮って会社と情報共有を頻繁に行う家事代行や家の鍵修理業務などといった仕事では、死活問題になりかねません。ひびが入った写真というのも、また味のあるものですが、意図的にそうしたい場合を除いては修理をするに越したことはありません。
また、カメラレンズは問題なくとも、なんらかの原因でカメラ機能が使用できなくなるようなことも想定されますが、そのようなトラブルにカメラ修理を迅速に完了させます。「大切な愛犬の写真が撮れず、困っている」「インスタグラムを個人事業のマーケティングや集客に使っているため、カメラがないと事業に支障が出る」など、このようなお悩みに最短即日に対応いたします。

ホームボタン・スリープボタンが利かず大変お困りの方へ

指紋認証タイプのiPhoneに欠かせないホームボタン、画面を非表示にしたり電源を落としたりする際に必須のスリープボタン、どちらかを故障してしまうと日常生活に支障が出ることが多々見られます。ホームボタンの場合、故障してしまってもパスコードロックと、インターフェースの設定で画面上でホームボタンを操作できる仕様に変更することで、問題なくご使用いただけることもあります。しかしながら、これがスリープボタンともなるとそうも言っていられません。
画面をスリープできなければ第三者に画面を操作され、本人のアドレスで友人や恋人になりすましメールを送られトラブルに発展するケースもあったり、最悪パスワードのメモ等の重要な情報を抜き取られたりといったことも想定されます。幸いにも、最近のモデルではほとんど見かけなくなった不具合ながら、5・5s・初代SEなどには見られることもあるため、これらの修理も受け付けております。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。