iPhone13って買いですか?

お問い合わせはこちら

iPhone13って買うべきですか?

iPhone13って買うべきですか?

2021/09/17

iPhone13って買うべきなのか、見送った方がいいのか

【まもなくiPhone13発売】

2021年9月15日、iPhone13シリーズに関する発表会が開かれましたね。

発売日やラインナップやスペックなどの情報が正式に明かされ、いよいよ「買い」なのか「見送り」なのかを判断する準備が整いました。

では、それらを踏まえて今回のiPhone13はいったいどっちなのか、発表内容を実際に見ていきましょう。

 

 

【新機能や性能は?】

実際に発表のあった新機能や性能について前モデルのiPhone12と比較すると、大まかに6点挙げられますのでそれぞれ見ていきましょう。

 

1. デザイン面

まずデザイン面ではそれほど大きな変更はありませんでした。

ですが細かいところを見ていくと、

 ・厚みが0.25mm増加

 ・画面上部のノッチ面積が20%減少

 ・カメラの配置、大きさの変更

などが挙げられます。

 

厚みがほんの少し増加したのはほとんど気付かないでしょうが、ノッチ面積が減ったことでよりスクリーンの表示面積が増えてユーザーにとっては朗報だといえます。

 

またカメラ配置については、2眼モデル(12 / 12mini)ではレンズが対角線上に斜めに配置されて、3眼モデル(12Pro / 12ProMax)ではより広大な面積を占めるように主張の強い大きさになっています。

 

2. CPUの進化

これは毎年恒例な事なので特に驚く事でもないのですが、前モデルのA14 BionicからA15 Bionicへと順当に進化しています。

これによって今までよりバッテリー駆動時間の節約になったり、世界最速と謳うぐらい処理速度の向上に繋がっているようです。

 

3. ストレージが増加

これはストレージ設定のラインナップに、ついに1TBの容量が追加(Proモデルのみ)されました。

写真や動画などをたくさん撮る方や、3Dゲームなどの重いデータをたくさん扱う方などには朗報かもしれませんね。

 

4. カメラの進化

カメラには今回も一段と力を入れているようで、いくつもの新機能が発表されていました。

 ・新しい超広角カメラで、たった2cmの距離でもマクロ撮影が可能になりました

 ・ナイトモードの進化で、より暗い場所でも明るくはっきり撮影ができます。

 ・シネマティックモードの動画撮影では、自動で被写体を切り替えてくれたり、背景をぼかして撮影できます。

 ・フォトグラフスタイルはいわゆるフィルター機能とは違い、肌のトーンはそのままで背景だけを好みで調整する事ができます。

こうやってみると、素人でも簡単にプロ並みの撮影ができるようになってきたんだなぁと思います。

 

5. ディスプレイ性能の向上

新しいディスプレイにはProMotionが採用され、リフレッシュレートが最大120Hzに向上しました。

これにより1秒間に10回から120回の頻度で画面を更新することができ、よりグラフィックパフォーマンスが上がって動画やゲームがリアルになりました。

 

6. デュアルeSIM対応

iPhoneXS以降で既にデュアルSIM対応になったiPhoneでしたが、それは「物理SIM」+「eSIM」という形でした。

しかしiPhone13からはとうとうeSIMを2つ登録できるようになりました。これによってSIMカードの入れ替え作業が無くなり、よりスムーズにでスピーディーにキャリア間移行ができるようになります。

 

補足:新色ラインナップ
iPhone13Pro / 13ProMaxでは グラファイト、ゴールド、シルバー、シエラブルーの4色、

iPhone13 / 13miniでは プロダクトレッド、スターライト、ミッドナイト、ブルー、ピンクの5色展開されます。

 

 

【ぶっちゃけ買いなの?】

ではここまでの解説を踏まえて、一番気になる「買い」なのかどうかについて触れていきます。

結論から言うと、現在11シリーズや12シリーズを使用している方は見送り

逆に8シリーズやXシリーズなどを使用中の方はアリかと思います。

 

ここではっきり「買い」と断言できないのは、特筆すべき点が「カメラ」にしか無かった事が大きいかもしれません。

 

普段からカメラを多用する方や、SNSへの動画投稿が多い方にはすごくウケるんじゃないかと感じましたが、ごく普通の使い方しかしないユーザーにはこの性能の違いを体感できないのでは?と感じます。

 

更に言うと前モデルのiPhone12から利用できるようになった5Gに関しても、前と同様のsub-6のみの対応で肝心の「ミリ波」に対応しているのは米国版iPhoneのみという事でした。

もちろん国内での5G基地局整備はまだまだなので気にする部分ではないと言われればそれまでですが、買い替えを本気で悩んでいる方々はたかが1年や2年程度のスパンで買い替えるという選択肢は無いと思います。

そうなると3年とか4年後を見越すと、もしかしたら全国的に5Gの恩恵を受けられるようになっているかもしれませんよね。

そのときに自分の持っているiPhoneが超高速通信の「ミリ波」ではなく「sub-6」にしか繋がらないというのは非常に残念に感じるんじゃないでしょうか。

 

だとしたら今そんな中途半端な性能のものに手を出すのではなく、フルスペックな機種が出るのを待つというのもアリなんじゃないかと思うわけです。

 

もちろん毎年買い替えているマニアな方や裕福な方はそれでいいと思うんです。

でも誰もがそんな高額な買い物をできるかといったらそうではありません。

 

なので多少濁すような表現はしましたが、個人的には今回のiPhone13は「見送り」でいいと思っています。



【さいごに】
というわけで今年のiPhone購入は見送るんですが、来年以降のモデルに期待していないわけではありません。

個人的に来年の2022年に発表されるiPhoneに期待しているのは

 ・画面上部のノッチ(欠き)廃止

 ・5Gミリ波対応

 ・USB-C搭載

 ・指紋認証の復活

 ・カメラの出っ張り廃止

などなど盛りだくさんですw

 

これだけやってくれればすぐに買い替えて、またしばらく機種変しないでも数年闘える気がします。

まぁ気の早い話ですが、2022年版iPhoneが楽しみですなw

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。