iPhoneがリンゴループになったら

お問い合わせはこちら

iPhone修理iLABO リンゴループになったら

iPhone修理iLABO リンゴループになったら

2021/06/18

リンゴループになったら

画面にリンゴマークが現れて、しばらくするとシャットダウン。

またすぐにリンゴマークが現れてまたシャットダウン。

これを延々繰り返すのがいわゆる「リンゴループ」という現象です。

 

原因はいくつかあるのですが、

 ①ソフトウェアのクラッシュ

 ②本体容量不足

 ③バッテリー不具合

 ④水没

 ⑤FaceID不具合(iPhoneX以降の機種)

などが考えられます。

 

一度リンゴループになってしまったらiPhoneを初期化する必要があります。

①②の場合はご自分ですぐにPCに繋いで復旧すればいいのですが、③④⑤の場合は要修理となりますので早急にアイラボまでお持ちください。

 

リンゴループは他人ごとではなく意外と身近なトラブルの一種です。

日ごろからデータのバックアップはこまめにしておきましょう!

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。